為替変動の原因とその背景について

a0001_013026

 

外国の通貨は自国や他の外国の通貨で買うことができます。そしてそのレートは一定ではなく常に変動しています。通常であれば短期間で大きく変動する事は稀で、小幅な値動きをしている事が多い傾向にあります。
この為替変動が起きる原因としては、通貨の需給関係の変化によるところが大きいと言われています。モノの場合は需要に対して供給が多くなれば値が下がります。逆に需要の方が多くなると値が上がるといった具合で価格変動しています。通貨もこれと同じように需要と供給の関係により値動きしているわけです。
多くの人が欲しがる通貨は値が上がり、逆に手放す人が多い通貨は下落します。こうした需給関係の背景には、国際情勢や国の経済が大きく関わっています。経済発展が目覚ましい国の通貨はこれから値が上がる可能性が高いため多くの投資家が買います。その結果益々上昇しやすくなります。
これに対して内政や経済が不安定な国の通貨は下落しやすい傾向にあります。デフォルトの危機に陥ったり戦争が起きたりすると、通貨の価値がゼロになる可能性もあるためです。ただしそういった国の通貨でも、金利が高い場合にはある程度の需要が見込まれます。
こうした諸事情を背景に外国為替相場は変動しています。