投資入門!分散投資とは

3243618_1投資を行う場合は1つの目的物に偏らず、可能な限り分散して投資を行うと安全です。

 
FXや外貨預金は為替相場の動きを利用して利益を出します。そして為替相場の動きが予測通りになれば問題ありません。しかし為替相場が予測に反する動きをする場合もあります。特定の外貨が高騰すると予測し、その外貨を大量に買い建てたとします。そうすると、予測に反してその外貨が下落する事になれば、大きな損失を被る事になります。

 
そのため分散投資が安全だと言われています。つまり高騰すると予測される外貨があったとしても、投資資金に大半をその外貨の投資には使わない方が安全です。他の外貨や株式などに分散して投資をするというやり方です。

 
そうした場合、為替相場が予測通りの動きをしても極端に大きな利益には繋がりません。しかし予測に反した動きをした場合の損失も小さくて済みます。また他に分散して投資をした外貨や株式の値が上がれば、損失を相殺する事もあり得ます。またよほど無理のあるやり方をしない限り、分散した全ての方面で損失を被る事は稀です。

 
こうして多方面に分散して投資を行う場合は、短期間で大きな利益を出す事は困難です。しかし、長期的な視野で見ると、安定して利益を出し続ける事が可能になります。

コメントは受け付けていません。