ドルコスト平均法の使い方

FXや外貨預金などの投資を行う際には、売買差額による利益の他に金利を得る事ができます。しかし金利はある程度投資額が多くないとまとまった金額になりません。そのため金利による利益を目的とする場合は、多くの外貨を購入する事になります。

 
外貨は日本円に対する交換レートが常に変動するため、大量に購入する場合はリスクも大きくなります。そこで一度に購入せずある程度分割してある程度分割して購入するという方法が用いられます。その中でもドルコスト平均法が安全だとされています。

gf0780078654l
これは1回で購入する金額を予め一定の金額に定めておきます。そうすると高値の時は少しだけ購入する事になり、安値の時は多く購入できます。例えば1回で10万円分のドルを購入すると定めたとします。そうすると1ドル80円のようなドル安の時には1250ドル購入する事になります。これに対して1ドル110円のようなドル高の時には909ドル購入する事になります。

 
投資においては安い時に買うのが基本となります。そしてこの方法では必然的に高い時には少ししか購入しなくなり、安い時に多く購入する事になります。そのため細かな値動きの多い外貨を投資の投資の目的物とした場合も比較的安全に行う事ができます。

コメントは受け付けていません。