時間の分散

将来年金だけでは、心配なこともあります。年金額をいつから貰えるのか、確定しているとは言えない状況です。低金利時代が続いていますので、定期預金等の貯蓄だけでは資金は増えないのです。

 
こんな時代には、投資という考え方も必要になります。将来少しでも多くの蓄えが必要な場合が多くなります。年齢にもよりますが、住宅資金や教育資金、そして老後資金は必要なものと言われています。

 
これから投資をしたことが無い人も、興味を持って研究実践することも大事なことです。投資商品は非常に多いものです。株式、債券、投資信託、外国為替など非常に多くの種類があり、またそれぞれ細かく分かれているものです。

 
投資で大事なことは、必ずリスクがあるということです。リスクにも商品によって異なりますので、商品を分散することによって低減することが出来ます。これが分散投資です。どれか一つの投資商品だけで運用するのではなく、性質の異なる商品を組み合わせるのです。

 
為替を使用した商品は、24時間取引が行われています。他の商品と比較しても、為替変動はいろいろな国での取引が、関係してきます。為替変動の要因は、米ドルと日本円だけの関係でみても、経済状況やどによってどちらの通貨が価値があるのかで変わってくるのです。経済をしっかり研究することも必要です。

コメントは受け付けていません。