種類の分散

gf0640065860l

 

投資を行うときに絶対に忘れてはならないポイントとして、投資では損をする可能性も絶対にある点があります。100%儲かる投資法は基本的にはありません。そこで投資をする時には設けることはもちろん大事ですが、一方で損失を最小限にするためにはどう資産運用をすべきかも考えていく必要があります。
投資の結果、損失を最小限に抑える方法として有効といわれているのは、分散投資をする方法です。株式やFXのような感じで、いろいろな種類の金融商品を購入して資産運用した方が、トータルで損失を計上するリスクを軽減できます。株式運用で失敗をしても、FXで堅調な結果が出ているのであれば、株式の損失分をFXによってリカバリーできるというわけです。

 
できることであれば、相関性のない金融商品を使って取引することが大事です。中には、株式投資の中でも複数の銘柄を使って運用すればいいという考え方をする人もいるはずです。しかし国内全体が不景気になると、銘柄関係なく市場が全体的に落ち込んでしまうこともあり得ます。
そのようにして考えていくと、やはりいろいろな金融商品を使った運用が大事です。投資をして資産運用をする時に儲けをとにかく出したいという気持ちはわかりますが、まずはいかにしてマイナスをコントロールできるような運用をするかが大事です。

コメントは受け付けていません。